2010年08月15日

YU-GI-OH! TCG WORLD CHAMPIONSHIP 2010

<決勝進出>
みのりん (日本 – 13 points)
A1 (日本 – 13 points)
Aaron Noel (カナダ – 12 points)
She Wei Hao (台湾 – 12 points)
Galileo De Obaldia (パナマ – 12 points)
Vincent Paglia (アメリカ – 9 points)
Tae Woo Kim (韓国 – 9 points)
Stefano Sluis (オランダ – 9 points)

日本1,2位と頑張ってますね。
決勝もがんばってほしいです

予選5回戦
勝利=3 points、引き分け=1 points、敗北=0 points

ということなのでボーダーは、4勝すれば確定。
でも、3勝でもオポしだいでギリギリ行けるか行けないかというライン
3勝だったけどいけなかったゆーまさんは惜しかったと思います。
でも3勝8人いて、その中で3人通過だからこれは本当に運次第ですね

でも、やっぱりアメリカはサービスいいな。
自分が前回行った時もやってたんですが、世界大会の会場で入場者等を集めて大会やってるw

HPみてると上位者にはWC 2010 Card Packってのが賞品かな。中身が気になるw
あと、優勝者にはプレイマットもらえる大会もあるw
土日に同じ会場で各4回賞品の違う大会あるし楽しそうだね。
ゲーム代表は毎回出てもおかしくないでしょうw
おれもカードの予選の時やることないので大会でて遊んでたし。
参加賞で普通に米版のパックもらえるから積極的にでてたな。
あと、世界大会の参加賞もすごく豪華だったので今年も豪華かな。
ドイツや日本の時の参加賞聞いたけど、断然アメリカのが豪華w
今年もYOのアカウントとカードデータ全部入ってたらかなりのアドw

ちなみに自分の時は、米版1BOX、日本版2BOX、4ポケファイル2冊、
PSPの遊戯王のゲーム、YOの限定アバターと全カードデータと1万円分無料ポイント・・・あとは思い出せないw
とりあえず重かった記憶がある。

もしYOのアカウントもらえたら、今はシンクロも出たし、パックを買う制度になってるからかなり得だね
posted by ダット at 13:20| さるさる日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする